逆にパソコン用の基本ソフトであるウィンドウズはパソコン市場の縮小が逆風となった。

 【ニューヨーク=有光裕】スマートフォンやパソコンで使われている基本ソフトの世界シェア(市場占有率)で、米グーグルの「アンドロイド」が米マイクロソフトの「ウィンドウズ」を抜いて初めて首位になったことが3日わかった。

Windowsのスマホなんて見た事ないもんね。ウィルスとか色々怖いから競争しなくても良いよ。PCはWindows、スマホはiOSで。デバイスが全く違うものをOSだけで比較されてもね。
windowsスマホが無いに等しい以上、それだけ地球上に存在するパソコンの台数とスマホの台数が拮抗してるんだろうな。あと、関係ないけど正確には『スマホ』なのか『スマフォ』なのか気になる。PCとスマホは別物なんだから比べても仕方ないんじゃない?PCとスマホを同列に扱えるのか?元々はデジカメ用に作られたOSがここまで来るとはねOS10も原因の一つと違うのか。
何気に象徴的なターニングポイントですね。途上国などは、みんなスマホですからね。ただPC向けアプリ革新がその分鈍化しているのでそちらにも、もっと予算を投入して欲しい。仕事の効率をもっと上げたいので(ˇωˇ ;)日本人は保守的でみんなと同じが大好きだからアップル多いですね。私?もちろんガラケーとgalaxys7egeの二台持ちでアンドロイドですよ。