来館者たちは写真を撮るなどしながら、憧れの名車に見入っていた。

来館者たちは写真を撮るなどしながら、憧れの名車に見入っていた。

 国内外のクラシックカーを修復・展示している青森県八戸市北インター工業団地の「ツカハラミュージアム」が今季の営業を開始した。今年は、市販モデルの生産開始から50年の節目を迎える往年の名車「トヨタ2000GT」を展示。

「初恋の人に会えたような気持ち」      例え話がいい感じ!       メイドbyYAMAHA。本来はYAMAHA2000GT。磐田のYAMAHAミュージアムに展示されていろのがその証拠。
個人的に今スカイラインジャパンをメンテナンスして乗ってるが2000GTは憧れの存在。値段が高値だがいつか乗りたい車です。昔の車は味が有ったな…。昭和43年当時販売価格は約230万、生産台数も200数十台?現在は残存数の関係もあるが億の売買と聞いてますけど未だに古さを感じさせないデザインですね~
この車が走っていると目で追うと思う。果たしてプリウスに同じことをするだろうか?プリウスが悪いのではなく、魅力の問題だと感じます。この頃は手作りの部分もだいぶあって、ゆうずうが効いたから、曲線など綺麗
実物見ると、思いのほかちっちゃいんだな…。でも、当時の欧州のスポーツカーにも引けを取らないあの存在感は、一体何なのか…。世界に誇れる日本の名車の筆頭です。